レスポンシブWEBデザインとは

responsive1

レスポンシブWebデザインとは、PCやスマートフォン、タブレッ卜といったさまざまなデバイスに最適化されたサイトを、1つのHTMLで実現する新しいウェブデザインの手法です。

2010年にETHANMARCOTTE氏が「A List Apart」 (http://www.alistapart.com/)というサイト上で提唱しました。

レスポンシブWebデザインでは、CSS3の「メディアクエリ(MediaQueries) 」を使用して、フレキシブルレイアウト(各デバイス上で正しいレイアウトを表示すること)を実現します。私たちウェブデザイナーやウェブデベ口ッパーは、特徴の異なるさまざまな端末やプラットフォーム、スクリーンサイズのすべてで正しく閲覧できるコンテンツを制作する必要がありますが、環境ごとにサイトを個別に制作するのは容易ではありません。レスポンシブWebデザインは、この問題を解決するための1つの技術といえます。

なお、レスポンシブWebテザインが新しいウェブデザイン手法であると述べましたが、各デハイスに最適化されたサイトを制作する方法自体は他にもたくさんあります。

ただ、他の手法では、ユーザーエージェン卜でページを切り替えたり、JavaScriptを用いてページ構造を入れ省えたりしていたのに対し、レスポンシブWebデザインではCSS3の新機能である「メディアクエリ」を使用します。この点が新しいといえます。

レスポンシブWEBデザインは簡単ではない

responsive-web-design

レスポンシブWebデザインという手法の中にはサイトの設計方法やデザイン的な考え方、またさまざまなコーディングテクニック、行うべき記述などがたくさんあります。

「1つのHTMLですべてのデバイスに対応できる」と聞くと、レスポンシブWebデザインがまるで魔法の手法のように思えるかもしれません。しかし、レスポンシブWebデザインを実現するのはそれほど容易なことではありません。掲載するコンテンツやページのデザイン・レイアウトを十分に精査することが必要ですし、設定的に詳細ななマークアップや、汎用性の高い(フレキシフルな)スタイリングが求められます。

これらの基礎をきちんと習得しておかないと正しいレスポンシブルWebデザインを行うことはできません。もちろん、リアライズではきちんとしたコーディング(ホームページを構築すること)をしておりますのでご安心ください。お客様に何かの操作をしてもらう等は一切ありません。すべておまかせ頂いて結構です。

ホームページに関するお問い合わせはこちらから
インターネット、ホームページ作成でお困りのお客様はお気軽にお問い合わせください。

はじめてホームページを作る方

はじめてホームページを作る方

ホームページ制作会社の選び方

ホームページ制作会社の選び方

スマートフォン専用サイトの制作はこちら

スマートフォン専用サイトの制作はこちら

スマートフォンサイト制作.net

ページ上部へ戻る