文章を上手に書くコツ

上手な記事の書き方である。

文才のないお前がレクチャーなんかしてんじゃねぇぞ、この野郎という貴重なご意見には蹴りを入れ、文章の書き方について語ってみる。

サイトの内容にもよるが1ページに表示される記事の文章量で適切なのは600~1200文字程度だと思われる。もちろん画像中心のポートフォリオサイトだとこれ以下になるが、一般的には凡そこの程度だと思う。ちなみにヤフーのニュース記事などは800文字を超える記事の場合、次のページへ送られる(きっかり800文字というわけではなく、800文字目あたりのキリのいいところで)。

いずれにせよ、600~1200文字程度の文字量がほどほどに読みごたえがあり、それでいてイライラせずに滞在できる限界だと思う。

それではこの800文字の中にどのように文字を詰め込むかといえば、WEBの場合は結論ありきで文章を書く方が都合がいいと思うし、実際、俺はいつもそうしている。

国語の授業で習った起承転結、これが文章を書く上でのセオリーであるが、実はこの起承転結法、かなりの上等テクニックであり、800文字の中にうまく起承転結をまとめようと思ってもうまくいかないことが多い。特に普段から文章を書くことがない習慣の人であると尚更だ、途中で何を言っているのか分からなくなり、取り留めのない話になりがちだ。早い話が前後に脈絡がなさ過ぎて読むに耐えないのである。

そこで初めに結論を書いてしまうのである。

これをライティングの世界ではロジカルライティングという。

最初に結論や全体像を伝え、徐々に具体的な話に展開していく。

この方法だと、あまりに話が長い場合は不要な箇所を後から削ればいいし、反対に短すぎる場合は文章、或いは語彙を足して長くすればいい。

また、ロジカルライティングはSEOにも有利だという側面がある。

グーグルの検索エンジンは前方の方から順に大切な語句だというふうに認識している。つまり、最初に結論を書いておくことによってこのサイトは何を伝えたいのかということが理解されやすいのである。

以上、861文字、どないや?