パクリサイトを手動でインデックス削除

医療情報サイト「WELQ」の炎上をきっかけに、グーグルもやっと重い腰を上げたまとめサイトの問題。

あちこちからコンテンツをパクリ、冗長な文章を適度にリライトをしながら書くだけで上位表示されてしまうという検索エンジンの盲点を突かれた格好である。オリジナル文章を書いた当の本人よりも、パクリサイトの方が上位に表示されしまうというこの矛盾、いくらグーグルがイチ民間企業といえど、パクリサイトが著作権を無視している以上、知らなかったでは済まされず、強い非難を受けるのも無理からぬ話である。

今回グーグルでは具体的なことは検索エンジンの根幹に関わることゆえ、詳細の発表は控えているが手動で悪質なまとめサイトの検索ランキング低下、インデックス削除を行ったものと見られ、事実、低品質のまとめサイトが上位を占めていたカテゴリは軒並み順位が変わった。やるじゃんグーグル。

とはいえ、今回の措置はあくまでも手動ゆえ良くも悪くも目立っている悪質なサイトがターゲットにされたわけであり、実際問題、現実はまだまだ低品質のパクリサイトが多く、幅を利かせているのは紛れもない事実であり、今後の推移を見守る必要がある。

リアライズのSEOではコンテンツの充実を一番に掲げている。以前も書いたがSEO対策とは結局のところ、htmlタグの打ち方は基本を守りさえすればそれほど重要ではなく、如何に内容を充実させるかである。極端な話、身も蓋もない話になるがhtmlタグはめちゃくちゃでも、記事内容がしっかりしたものを作ればサイトを上位表示させることも可能だ。事実、素人の作ったサイトであっても記事内容が優秀であるために検索上位ヒットしているサイトはそれこそ星の数ほどある。

ホームページを制作し、実際に運用をしだすと、必ずと言っていいほど掛かってくるSEO対策関連の営業電話。うちにまで掛かってくるのだが、暇なとき、鼻くそをほじりながら相手にしていると結局は被リンクを貼りますよ程度の今どき屁のツッパリにもならん陳腐なものが大半である。俺がクライアントさんにお願いしているのは競合する他社をパクるよりも、まずは自社で商品やサービス内容をよく吟味して考えてくださいということです。リアライズのSEO対策に即効性はない、というか、即効性を謳うSEO対策会社は多いが本当に即効性などあるのか。即上位表示を夢見る方には申し訳ないがSEO対策とは月単位で進めるものだと思う。たまに1、2週間でどうにかしてくれと言われる場合があるが、そのような依頼はすべて断っている。半年、1年と時間を頂けるのであればなんとかするが1週間ですぐ上がるような方法はないと断言する。

ネットビジネスとは派手さばかりが喧伝されるが、実業と同じく実態は地味な作業の連続である。