茨城 ホームページ制作」「水戸 ホームページ制作」の検索で常に上位表示の実績、茨城県水戸市のホームページ制作会社。洗練されたスタイリッシュなデザインと反響にこだわったWEBサイト制作が得意です。

  • 050-3512-9325
  • メールでのお問い合わせ

ブログ

不必要な機能は要りませんという勇気

ホームページは必要だが、とりあえずあればいいというケースも少なくありません。

社名を検索したときにヒットすればよいという、いわばパンフレット代わりのホームページです。特に公共事業や請け負っている会社さんや大手企業の下請けの会社さんなどが当てはまるかと思います。早い話がホームページで集客する必要がないケースです。

こういった目的でホームページを作る場合、リアライズでは不必要な機能は極力そぎ落とし、なるべく費用が掛からないプランをご案内しております。

特に新規でホームページを作る場合、ホームページ制作費用の相場も分からず、なんとなく制作会社の言いなりに任せて契約してしまうということが結構多いのではないかと思いますが、リアライズでは不必要なものは不必要であるときちんとお伝えすることを大切にしています。

制作会社の営業マンはどうしても売上単価を上げたいばっかりに本来必要ないはずのものまであれもこれもと入れて値段を吊り上げようとします。

確かに売上を上げるのは営業マンとしての使命なのかもしれませんが、相手の立場に立って考えると、パンフレット的な意味合いのホームページにアニメーション風の動きって本当に必要でしょうか。あくまでも私ではですが要らないと思っています。シンプルなデザインで分かりやすく作ればそれで十分だと思うのです。

これとは反対に、初めてホームページを制作するため、意気込み過ぎてしまい、社長自ら陣頭に立ち、競合するライバル会社よりも素晴らしいものを制作しようとする場合もありますが、このときもリアライズでは社長、本当にその機能必要ですかと確認します。最終的にはクライアントの意向が最優先ですからそれでもいいから作れと言われればお作りはいたします。ただ、内心、意味ないよなと思っているのは事実です。

いずれにしても制作会社の責務として、適切な制作プランをご案内するべきでしょう。そのうえでクライアントがこうしたいというのであればそれはクライアントの意向に沿うべきですが、クライアントが知らないのをいいことに余計な機能を追加して値段を吊り上げることが正しい営業とは思えません。正しい営業とは必要はものを必要であるといい、要らないものは不必要であると、ちゃんと伝えるのが正しい営業だと思います。

そもそも制作しようとしているのが紙のパンフレットであるなら、業務内容や会社概要を掲載する程度でしょう。極端な話、スクラッチ式のクジをつけたり、開く飛び出す絵本のような体裁にはしないですよね。ホームページであるからなんとも分かりづらいですがそういうことを平気でしているWEB制作会社が少なからず存在しているのも事実です。

紹介を除けば殆どの場合がネット検索してホームページ制作会社を探すと思います。

ここの制作会社に問い合わせみようと思うには思うだけの「なにか」があったのだと思います。そのなにかがデザインセンスであったり、値段であったり、或いはたまたま会社の近くであったりとその「なにか」には理由があると思いますが、営業マンに勧められても鵜呑みにはせず、一度立ち止まって本当に必要かどうかを考えてみてください。そこで不信感があれば別の制作会社にした方が後々安心です。納得してホームページを作らないと、愛着がないため、いつの間にか更新のまったくないほったらかしのホームページになってしまいます。

別にリアライズに依頼する必要はまったくありません。弊社のホームページをご覧なってもピピッと反応しなければ弊社とはご縁がなかったということです。それは全然いいのです、ホームページを制作するのは相応の費用が掛かります、興味のない会社に依頼すると後々後悔します。

こういったことを積極的に発信するのも地元密着型の制作会社の責務ではないかと思うのです。何でもかんでも売ればいいとは思ってません。

関連記事

ページ上部へ戻る