ホームページ制作・既存WEBサイトのリニューアルは茨城県水戸市のリアライズにお任せください

ホームページの運営について

  1. まだ裏技とかいっている人がいるんでね(呆)

    弊社と取り引きのあるクライアントさんからご相談を受けました、メールを受け取ったのだがこれってどうなのってご相談です。まずはそのメールをご覧ください。個人名以外はすべて原文です。『【自分のスマホで裏技SEO】実効値確定・元ボクシング世界王者が驚嘆どうもです、SEOやさんの●●です。

  2. IE(インターネットエクスプローラー)のサポートが6月16日に終了

    インターネットエクスプローラーがいよいよ6月16日をもってサポートが終了になります。IEの開始が1995年ですか、今から27年前なんですね。私が初めてインターネットに触れたのはもっと後、確か2000年ぐらいだった気がします。

  3. 勝者が総取り

    ネットの世界は「勝者が総取り」、「一強他弱」と呼ばれています。一般的にネット検索をした場合、1ページ目の検索結果だけで80%以上が決まってしまい、1ページ目の1番上に表示される業者が40%のシェアを占めてしまうというデータがあるぐらいです。

  4. 起業する前に今一度よく考えてみましょう

    (前回の話から続く)対して、いきなりホームページでの集客がうまくいく人も一定数おられます。こういう方って実は1年以上前から地道に計画を立ててサイトを運営しているんですよね。

  5. 気が滅入る話

    新規でホームページを制作される方にとって、最初の一つが売れるまでがとにかく試練です。もう何度も申している通り、ホームページが完成したからと言ってすぐに問い合わせが増え、商品やサービスがジャンジャン飛ぶように売れるようになるかといえばほぼそういうことはありません。

  6. 契約の確率を少しでも上げるには

    ホームページというものはあくまでも営業ツールのひとつであるというのが私の考えです。もちろん、業種業態に於いて、営業ツールとしての占める割合はかなり異なります。

  7. Google検索1位保証の強力集客WEB作成講座?

    水戸市内にSEO対策の強さを売りにした面白い制作会社があります。まったく接点がないため、具体的な固有名称は出しませんが、この某社、『Google検索1位保証の強力集客WEB作成講座』が売りだそうです。

  8. ホームページを作っても失敗する事例はいくらでもある

    ホームページを制作する側としてはどうしてもホームページを作りさえすれば新たなビジネス展開が見込めると喧伝しがちですが、実はそんなに甘いものじゃないよときちんと初めにいうことも制作会社の責務ではないかと思うのです。

  9. ホームページにどこまでを求めるか?

    純粋なECサイトや宿泊や美容系の予約サイトなどを除けば、なかなかホームページのみで契約までもっていくのは相当ハードルが高いというのが実感です。

  10. WEBコーダーとして喰っていくのは相当厳しい

    今回は趣向を変えて制作者向けの話をします。

ページ上部へ戻る