「茨城 ホームページ制作」「水戸 ホームページ制作」の検索で常に上位表示の実績、茨城県水戸市のホームページ制作会社。洗練されたスタイリッシュなデザインと反響にこだわったWEBサイト制作が得意です。

  • 050-3512-9325
  • メールでのお問い合わせ

adminの記事一覧

  1. ホームページ制作の合い見積もりは必要か?

    1円でも安く買えたらそれに越したことはない、これはホームページ制作に於いてもそう思われる方が殆どでしょう。そこで新規でのホームページ制作やサイトのリニューアルを依頼するとき、合い見積もりを取って見るという方が結構な割合でおられます。

  2. 一番よくないホームページの運営方法

    特に初めてホームページを制作する方に多い事例をご紹介します。本来ホームページとは営業用のツールです、いわゆる手段ですね、それがいつの間にかホームページ自体が目的となってしまい、綺麗デザインのホームページが完成したことでプロジェクトを完遂したような気になってしまうことです。

  3. 最近のホームページ制作は難しい

    立派なホームがあるのにまったく問い合わせがこないと嘆く経営者の方が殊の外多いです。確かにパソコンから見てると素晴らしいデザインで社長さんが立派なホームページだと仰る意味はよく分かります。しかし、まったく問い合わせがないといいます。

  4. 2019年3月のコアアルゴリズムアップデートについて

    2019年3月2日、グーグルから「コアアルゴリズムのアップデート」の実施が公式にアナウンスされました。ここ一か月間、検索ランキングの著しく乱高下いたしました。

  5. 原点回帰?

    2014年末にHTML5、CSS3が勧告されてから4年が過ぎました。HTML5ではこれまで通常のHTML(XHTMLを含む)では表現が難しかった複雑な動きが表現できるようになり、動きのあるダイナミックなWEBサイトがもてはやされたのは周知の通りです。

  6. お客様から受けた面白い質問

    先日、あるお客様から面白い質問を受けました。「WordPress(ワードプレス)でのホームページ制作は10年後も20年後も続きますか?」というものです。

  7. 写真撮影に力を入れています

    リアライズのWEB制作のスタンスはもう至る所で書いており、また、お客様にも再三お伝えしておりますが、内部対策重視のコンテンツ至上主義です。被リンク(外部)対策、さすがにゼロとは言いませんがあまり重要視しておりません。

  8. ホームページを新規で制作すると必ず掛かってくるSEO対策の電話

    新規でホームページを制作されたお客様から一か月ぐらいするとかなりの高確率でご連絡を受けます。「SEO対策をしませんかと営業の電話がありました。申し込んだ方がよろしいでしょうか?」私の答えは決まっています。

  9. 過去のホームページを閲覧する方法

    一般的にホームページというものはビジネスを続ける限り、並行して数年に一度の割合でリニューアルをするものだと思います。次から次へと新しい技術が表現手法が導入されるため、5年もするといくら記事を定期的に更新していても相当古臭く感じると思います。

  10. 商品から攻めるのも一法

    同業他社が多い店舗様に一つ提案したいのは、職種から攻めるではなく、商品から攻めるというのも一法だと思います。たとえば、貴方が水戸市で美容室を運営していらっしゃるとします。

ページ上部へ戻る