ホームページ制作・既存WEBサイトのリニューアルは茨城県水戸市のリアライズにお任せください

adminの記事一覧

  1. ホームページの栄枯盛衰

    今から15年ぐらい前、ホームページのメインビジュアルにはフラッシュ動画を差し込むのが流行りました。複雑な動きを表示できることから人気を博し、フラッシュ動画の制作は制作業者の腕の見せ所ですらありました。

  2. PHPのバージョンアップについて

    中小企業ではWordPressを利用してホームページを制作するのがもはや当たり前の時代になりました。リアライズでもLP(ランディングページ)やネットショップなど特別なサイトを除き、現状は全てWordPressでホームページを制作しています。

  3. キーワード出現率についての考え方

    中小企業の中にもWEBマーケティングやSEO対策について勉強されている方がおられます。そこでよく質問されるのが「キーワード比率」は何パーセントぐらいがいいでしょうかというものがあります。ハッキリ言って私自身、キーワード比率が何パーセントが適切かなどとあまり考えておりません。

  4. WEBサイトの更新について

    ホームページを制作される方に、ブログや施工事例など、更新の頻度はどうしたらよいですかとよく聞かれます。そもそもSEO対策でも更新については制作者の間でも話題になります。記事の更新をしてもしなくても検索順位に影響はないと唱える方もおれば積極的に更新した方が検索順位が上がると唱える方もおります。

  5. ネガティブなことでもきちんと説明する勇気

    初めてホームページを制作される方の場合、ホームページに対して過度の期待をしているケースが多く見受けられ、実際にホームページの運用が始まるとまったく問い合わせがないことに愕然される方がかなりいらっしゃいます。ですから、リアライズでは包み隠さず、厳しいことでも正直に話すようにしています。

  6. コロナ第七波到来

    連日、ニュースを見ると新型コロナウイルスの感染者数が記録更新、ご当地茨城でも毎日2000人程度の感染者は当たり前、3000人も現実的な視野という様相ですが、現時点で飲食店等の営業を自粛するといったアナウンスはされていないため、このまま政府や自治体が押し切るのか、或いはどこかでまん延防止等重点措置を発...

  7. 見えないSEO対策

    今回の話はまったくの妄想です。なんの根拠もありません。聞き流してくださってまったく問題はありません。一般的にSEO対策というと、内部対策と外部対策に分かれます。外部対策は他力本願な部分もありますが、基本的にはサイトの運営者が自身で出来る施策に違いはありません。

  8. 記事の更新について

    情報というものは当然鮮度があり、情報を発表した当時は新鮮でも、時が経つにつれ、時代にそぐわなくなっていくものです。現在リアライズではネットショップ(ECサイト)制作やLP(ランディングページ)を除けばほぼ100%の割合でWordPressを利用してホームページを制作しています。

  9. まだ裏技とかいっている人がいるんですね(呆)

    弊社と取り引きのあるクライアントさんからご相談を受けました、メールを受け取ったのだがこれってどうなのってご相談です。まずはそのメールをご覧ください。個人名以外はすべて原文です。『【自分のスマホで裏技SEO】実効値確定・元ボクシング世界王者が驚嘆どうもです、SEOやさんの●●です。

  10. IE(インターネットエクスプローラー)のサポートが6月16日に終了

    インターネットエクスプローラーがいよいよ6月16日をもってサポートが終了になります。IEの開始が1995年ですか、今から27年前なんですね。私が初めてインターネットに触れたのはもっと後、確か2000年ぐらいだった気がします。

ページ上部へ戻る