茨城 ホームページ制作」「水戸 ホームページ制作」の検索で常に上位表示の実績、茨城県水戸市のホームページ制作会社。洗練されたスタイリッシュなデザインと反響にこだわったWEBサイト制作が得意です。

  • 050-3512-9325
  • メールでのお問い合わせ

ブログ

ホームページ制作の目的

過去にも確か書いた気がするのですが大切なことなので再度記します。

企業や店舗に於いてホームページはもはやあって当然、ないとそれだけで機会損失を生じるというのは一致した話であると思います。

ただ、公共事業や大手企業の下請けであると、新たな販路を築く必要がなく、名刺代わりになるホームページが必要な場合と直接ホームページを通して集客する場合とではホームページ自体の意味合いがまったく異なります。

まず名刺代わりのホームページですが、こちらはもうとりあえずあればいい、会社概要と営業品目、取り引き先、社長挨拶が明記してあればそれでいいと思います、特に費用を掛ける必要もありませんが、なかにはライバル企業に負けたくないというただそれだけの理由で瀟洒なホームページを作られる方がいます。こちらに関しての弊社のスタンスは、「個人的には必要最小限の情報だけ記載してあればよく、会社名を検索した時にヒットすればいいと思いますが、ホームページの見栄えでライバル会社に負けたくないというのであればデザイン性の優れたホームページを制作します、当然相応の費用を頂くことになりますが・・・」というものです。

予め言っておくと費用を掛けようが掛けまいが効果に変わりはありません。だからこそ、弊社としては高いものをお勧めするようなことはありません。高くてもいいからあそこの会社には負けんなと言われれば作ります、まあ、社長さんの考え方次第ですね。

問題は集客をメインとしたホームページです。

過去に何度も書いていますが、見込み客が望むものと、販売者側が提供する情報に大きな隔たりあることがよく見受けられます。

クライアントの中には文章はそちらで適当に書いてよと言われる方がおられます。しかしながら、我々は制作のプロであって、そのクライアントの業種のプロでは決してないということです。つまり、どんなにそちら側の世界を勉強したところで到底知識や経験は敵いません。書けることといえばインターネット上に落ちてる程度のニワカ知識しかありません。

それでもいいから書けと言われれば書きますが、困ったことにこういうお客様ほど「ネットからの問い合わせが増えない」とか、「検索エンジンで1ページ目に表示されない」、「やっぱりホームページではモノは売れない」と仰られます。そして必ずといっていいほどそこをなんとかするのがプロだろうと言われるのですが、知らない世界のものをなんとか出来る才能の持ち主であればそもそもホームページ制作なんてしていません。ありとあらゆるものをネットで売って私自身が大富豪になっています。

これって実店舗のことを考えるともっと分かりやすいと思います。

確かに店構えを構築するのは大工さんの仕事ですが、大工さんはあくまでも建築のプロであって、店舗運営のプロではありません。大工さんにお前が作った店だが、全然客が来ねぇよと言っているのと同じです。

大工さんにすればそんなものは知らんがなと愚痴をこぼしたくなるでしょう。もちろん、実際の店舗を建てるとなれば何度も打ち合わせをして、場合にによってはコンサルタントの意見なども取り入れて店舗を設計するわけですから大工さんにいちゃもんをつける人って少ないと思いますが、ホームページに関していうと我々ホームページ制作の大工さんに対して、あれこれいう人が少なくありません。

残念ながらホームページ営業は実店舗以上に勝ち組、負け組がハッキリしてしまいます。

月並みですが勝っているお店は売るための努力を常にし続けています。サイトに掲載してある文章や写真もブラッシュアップを怠りません。負けているお店は大抵ほったらかしです。

いやいや、ほったらかしというが、ホームページのことは素人だもん、わからねぇよと仰られるかもしれませんが、それこそ怠慢だと思うのです。

インターネットを通じてモノを購入しようとしている人からすると、売り手側がネットに長けているのかそうではないのかなんてことは知ったこっちゃないのです。厳しい言い方になりますが消費者の側からすると長けて当然です。

実店舗であると、よくいう大名商売が成り立つことが多々あります。接客態度が悪くともオンリーワン商品であるから結局不承不承であってもそこで買うしかないというケース。特に地方に行けば行くほどこの傾向は顕著です。昭和の香りを色濃く残す田舎のスーパーマーケットに行くと商品に埃が被り、都市部ではとてもこの値段じゃ売れないような物が平気で売れたりします。自動車のないお年寄りが食料品を買えるのはここしかないからという理由だけで薄暗い店内のスーパーマーケットで買い物をしています(なぜかBGMはラジオであったり、演歌、笑)。

しかし、インターネットの世界はどうでしょう、無理してあなたの店舗で購入しなくともほんの1センチだけ指を動かすと次のお店がいとも簡単に見つかるのです。

別に作家さんのような洗練された文章を書けと言っているわけではありません。でも、顧客の立場に立ってどういうセールストークをすれば顧客の消費マインドに火を点けられるかということは常に意識する必要があるでしょう。

生意気なことを言うようですが、自社サービスの文章を書くのが億劫で出来ないというのであればホームページ以外の集客方法を考えた方が上手くいくと思います。ホームページがありさえすれば物が勝手に売れた幸せな時代はとっくに終焉を迎えています。そういうのが通用したのは2010年初頭まで。ライバルと言われる会社や店舗のホームページを見て、うちでは無理だと圧倒されているようでは相当厳しいと言わざるを得ません。負けてなるものかと闘志がメラメラと湧いてくるのであればなんとかなります。

これからホームページを制作しようと思っていらっしゃる方はまずはライバル会社や、「政令指定都市名(大阪市や横浜市など)+業種」で検索して上位に出てきたホームページを見て、自分のライティング能力は客観的に見てどうかというところを出発点すべきだと思います。

到底出来っこないと思うのであればホームページを通したビジネス展開は無理だと言えるでしょう。

但し、熱意があって頑張ろう、ただ方向性が分からないと思っているのであれば出来る限りのご協力は致します。

関連記事

ページ上部へ戻る