茨城 ホームページ制作」「水戸 ホームページ制作」の検索で常に上位表示の実績、茨城県水戸市のホームページ制作会社。洗練されたスタイリッシュなデザインと反響にこだわったWEBサイト制作が得意です。

  • 050-3512-9325
  • メールでのお問い合わせ

ブログ

最近よく聞くWEBマーケティングについて

ホームページを使って集客をするのであれば当然WEBマーケティングは避けて通れません。

しかしながら、WEBマーケティングが殆ど要らないというケースも世の中には存在します。例えば、仕事の依頼が公共事業の入札であったり、親会社からトップダウン形式で仕事を受注しているのであればそもそもWEBマーケティングは不要です。社名を検索したときにヒットすればホームページの役割は果たしているといえるでしょう。我々の業界ではこういったホームページを銀行用のホームページと言っています。

銀行マンが新規の取引先を探すために利用する銀行用のホームページに於いてはそこまで費用を掛ける必要がないというのが持論です。

もちろん、余裕があり、競合する同業他社が素晴らしいホームページを作ったので、うちも負けたくないといってドローン使った空撮なども行い、凄いホームページを作られる方もおられますが、集客という概念がそもそも存在しない以上、費用対効果を考えるとハッキリ言って無駄としかいいようがありません。

リアライズは地元茨城県内の方を対象にしているため、必要ないものについてはハッキリと必要ありませんと言っています。そのうえで費用は気にしないでいいから、ライバル会社に負けないホームページを作ってくれと言われれば制作はいたしますが、本音を言うと、その分の費用を他に廻した方がいいのにと思ってしまいます。

また、こういった新規の取引先を探す必要のない企業にWEBマーケティングを謳い文句にWEB制作を持ち掛けてくる制作会社は相当胡散臭いといえます。そもそも営業する必要がないのにWEBマーケティングをしてなにを開拓するのかという話だったりします。

反対にWEBマーケティングが絶対的に必要な企業・店舗も存在します。

しかしながら、あまり費用を掛けたがらない企業・店舗が多いのも事実です。実際にある店舗と違い、WEBマーケティングというものは目に見えづらい側面が確かにあり、果たしてWEBマーケティングに力を注いだからと言ってそれが売上として返ってくるのかという危惧があるのでしょう。そういった企業・店舗に於いてはそれ以上のことを言いません、ただ、その代わり後からまったくホームページの効果がないと言われても困ります。

ホームページというものは数あるWEBマーケティング手法に於けるたった一つの武器に他なりません。美容室や飲食店の集客にはホームページよりもむしろホットペッパービューティーやホットペッパーグルメの方が媒体としては即戦力になります。これは事実です。

じゃあホームページは不必要かといえば決してそんなことはなく、確かに予約はホットペッパーでしたものの、予約に至る過程までにはオフィシャルのホームページを参照したという方も少なくありませんし、求人募集の場合などはホットペッパーに加えて、自社の公式ホームページを参考にするというケースが非常に多いです。

つまり、多角的に見て、WEB戦略を立案すべきであり、そのためにはどのメディアにどれだけ費用を掛けるのかという問題が非常に重要です。ホームページがありさえすれば勝手に物が売れるという時代は終わりました。何故ならホームページはあって当たり前、別にホームページがあったからといって目新しさはなく、それは電話帳に掲載されている電話番号と同じ程度の意味合いしかありません。

では、WEBマーケティングとはどうすればいいのか。

まずは徹底したホームページのコンテンツ制作が大事です。コンテンツ制作といっても難しく考える必要はありません。扱っている商品やサービスを目の前にお客様が本当にいると思って丁寧に文章を書いていくことです。

こんなことを言うと、文章は苦手だから書いてよと言われる方がおられますが、厳しいことを言うと、商売をやってて、お客様から商品について聞かれているのに、「説明は苦手だから」といって隠れてしまう店員さんっているのでしょうか、もしそのような方がいるのであれば百害あって一利なし、そういうやる気のない従業員は給料の無駄ですので、即刻解雇した方がいい、それぐらいのことをホームページでは平然と行ってしまう経営者さんが少なくありません。

ホームページを使ってなにかそこで売ろうとか、或いは店舗に来客させようというのであればそういう地味な作業をコツコツとするしかありません。それが嫌であればはじめからホームページを使って集客をしようと思うのは諦めた方がいいです。何故なら競合するライバル会社はそうやって集客をしているのですから、コンテンツの制作を他人任せの人が勝てるほど世の中甘くありません。

以前はリアライズでも文章をそういった経営者さんに代わって文章を書いていました。しかし、今は基本的に書きません。アドバイスをするに留めます。どうしても文章を書くのが嫌なのであれば社内に専門の人を置くべきです。

何故もこう、厳しいことを言うのかといえば、今後益々インターネットを通したビジネスが重要になっていくのは疑いようがありません。10年前には考えられませんでしたが、今では七十代の方が平気でネットを見たと連絡をしてきます。こういう時代に突入したのにも関わらず、文章を書いてよというのはさすがにちょっとというか、かなりというか、ピントがズレているというしかありません。

我々はWEB制作のプロではありますが、リフォーム会社のプロでも、塗装店のプロでもありません。それでも書けと言われれば文章を書きますが、所詮は月並みのことしか書けません。理由は言わずもがな、リフォーム会社に勤務したこともなければ、外壁塗装の会社で働いたこともない、通り一遍のにわか知識で文章を書くしかありません。それではホームページを見たエンドユーザーである見込み客にも不誠実です。

せっかく、高いお金を払ってホームページを作るのであれば、我々も成功して欲しいと思っています。そのための知恵を出し惜しみするつもりはありません。

でも、その商売に関しては我々は素人です。一番詳しいのは依頼されたプロの貴方です。プロの貴方がはじめから職務を放棄するのであれば残念ながら私たちはお力になれません。後々、ホームページを作ったがまったく効果はなかったと、険悪な関係になりたくないですから。

関連記事

ページ上部へ戻る